現在(いま)は過去の集積であり、現在(いま)の積み重ねが、未来を創る。
福祉行政に新視点を持って私、
やまかあけみ
パーフェクトバーニング
(完・全・燃・焼)
「生涯福祉」
「心のバリアフリー」
を標榜します

老いることは人生の条理です。特別なことではなく誰もが必ず老いる日がやってきます。
突然の災害、事故、病気は人生の不条理ですが誰もが「明日は我が身」です。
私は、突然の不慮の事故により、人生の半ばで中途障害を背負いました。
きのうまで当たり前だったことがたった一日を境に当たり前でなくなり生活の全てがバリアだらけになりました。
自分自身の体験から、今日、遭遇してしまった事故や病が不幸な出来事であっても、明日からの日々が昨日までと比べ不自由さは背負ってしまったとしても、不幸であってはならない。
背負ってしまった不自由さは、自らの最大限の努力と周りの人々の支え公助によって可能な限り補われなければなりません。
障害も高齢化も決して人事ではなく、福祉は特定の人だけを対象とするものではないと感じております。
私は、生涯学習、生涯スポーツと同様に、これからは「生涯福祉」というものを標榜すべき時代であり福祉は基本的な生活そのものだと考えています。
誰もが行きたい時に行きたい所へ、安全に自由に行動できることは人としての基本的な願いであると思います。
福祉のまちづくりを円滑・安全な移動の確保という視点から推進し国際都市として世界に誇れる首都東京のバリアフリーを進めていくためには都政のあらゆる分野に、ユニバーサル・デザインに基づく真のバリアフリーの実現が不可欠であると認識しています。
そうした観点から、常に都民の目線を持って私、やまかあけみは議会にてその想いを発信してまいります。